カテゴリ:猫( 1 )

作戦失敗







   個人情報です。
   忙しい方
   興味のない方は
   読まないほうがいいと思います。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





   ずいぶん長いあいだ
   猫と暮らしていました。

   その猫の親は
   黒シャムとキジトラ
   だから雑種です。
   里親募集!って
   張り紙貼ってあるカゴに
   一緒に産まれた
   他の兄弟と身を寄せあっていた
   黒い猫と縞の猫・・・。
   
   家に連れて帰ってから
   黒い猫は18年
   縞の猫は23年
   二匹とも長生きでした。
   



a0339601_08145823.jpg




   黒猫は
   ことあるごとに脱走し
   好き勝手に外で遊び
   その日のうちに逮捕・・・
   そんな感じで
   外の世界を自由気ままに
   楽しんでいました。
   でも捕まえるのは毎回毎回
   そりゃもう大騒ぎ・・・。

   ある日
   脱走したまま
   夜になっても
   帰ってこなくて・・・
   翌日
   となりのお宅の畑で
   固くなっていました。
 
   外傷とか血痕はどこにもなく
   たぶん心筋梗塞とか
   そんな最後だったのだと
   思っています。
   まあ
   本人楽しそうにしてたから
   それもありだね・・・って思う
   逝き方でした。






   その5年後に
   縞猫も・・・
   もう4年になります。






   猫いなくなって
   しばらくの間
   娘ふたりは
   猫がほしいと
   猛烈アピールしていましたが
   相手にしないでいたら
   いつの間にか
   猫のこと
   言わなくなりました。




  
   なんとなく
   そんなにすぐに
   次の猫と暮らす気には
   なれなかったし
   暮らすなら
   きちんと躾をして
   お互いに
   気持ちよく暮らしたい・・・
   そう思っているので
   その気力を維持する
   自信がありませんでした。
   
   猫は当分は無理・・・と
   長い間
   考えていたのですが・・・。






   すごくすごく
   いいこと考えついたのね・・・。





   世話は
   娘にふたりにしてもらう・・・。
   ワタシはただ
   可愛がるだけ・・・
   言ってみれば
   孫ですね!(笑)





   時々おやつとかあげて
   おひざの上に乗せて
   ふわふわの毛を撫でたり
   おもちゃで遊んであげる・・・
   面倒なことは
   全部娘にしてもらって
   ワタシは可愛がる人に徹する・・・
   すっごくいい作戦です(にやり)。




   そこで・・・
   娘ふたりにさっそく
   提案してみました。




   


   テレビを見ている
   娘ふたりと
   テレビの間に仁王立ち。
  
   ちょっといい?
   お話したいことが
   あるんだけど・・・。

   お店のことで
   家にいないこと多いし
   これからいっち高校はいると
   さんご1人で寂しい時間多くなるし
   もしもね・・・
   ちゃんと2人で躾と世話ができるなら
   猫 二匹
   里親募集してるところから
   引き取ってもいいよ・・・。

   って
   もっともらしく
   もったいぶって
   こっちは別にどうでもいいけど
   そんなに猫と暮らしたいなら
   仕方ないから
   二匹までなら・・・みたいな?
   そんな感じで
   もちかけてみました。





   次女は目を輝かせ
   長女はじっと宙を見つめ
   2人の温度差は歴然・・・。




   あれ・・・?おかしい・・・。
   なんで?なんで?
   あんなに猫がほしい!言ってたのに。
   もっと盛り上がってくれなくちゃ
   お世話係を
   娘ふたりに
   押し付けること
   できないし・・・。

   猫がいたら いいな・・・って
   1度考えたら
   もう止まらない・・・
   ワタシの頭の中は
   日曜日にご予約のお弁当と
   猫のことでいっぱい!笑。






   翌日
   再び長女に水をむけてみました。





   もうすぐ義務教育終るでしょ?
   産まれてから今まで
   細い小道を
   てくてく歩いてきたけど
   ひとつひとつの出来事と
   ちゃんと向き合って
   いっちは立派に
   徒歩圏内の
   第一ステージはクリアだよ。

   この先は
   自転車乗って森を走るとか
   お船乗るとか
   電車乗るとか
   乗りたいものに乗って
   行きたいところを
   自分で選ぶ・・・
   そこまではたどり着いてると思うのよ。

   自律と自立の基本は
   ちゃんと出来上がっているし
   いっちは わが子ながら
   けっこういい感じで
   育っていると思うのね。
   
   だから親としては
   やっぱりここらへんで
   最後の課題が必要だと
   思うわけ・・・。

   作戦を見抜かれないよう
   用心深く
   もっともらしく
   いつになく饒舌・・・笑。

   もしも結婚できたとして
   赤ちゃんが生まれたとして
   その子を育てるとするでしょ?
   子育てって
   みんな普通にしていることだけど
   人をひとりつくっていく作業は
   すごい一大事業なわけよ!
   
   だからね・・・
   その練習として
   動物を育てる・・・。
   動物は喋ることできないから
   ある意味
   人間育てるより
   たいへんなわけですよ!
   
   わかる?
   これが母さんから
   いっちに対してあげる
   最後の課題なの!
  (よっしゃ!きまった!)

   って思ったのですが・・・

   お母さん・・・
   面倒な世話をいっち達に押し付けて
   自分は可愛がるだけって
   ずるいこと考えてるでしょ?
   そんな口車には
   乗らないよ!

   だって・・・。

   あーあ・・・ばれちゃった・・・。
   いい作戦だと思ったのに・・・。
   残念。
   こうなったら
   次女をこちらに引き込んで
   作戦を立て直すしかなさそうです。





   お休みの今日
   どうやって次女を味方につけるか
   今日は
   作戦ひとり会議・・・。




   

   くだらない話に
   最後までおつきあいいただき
   ありがとうございました♪






   お日さまだけど
   寒いです。
   温かくして
   元気な1日を
   お過ごしくださいね♪






   ・・・おしまい・・・
  
   


   

[PR]
by tida-nu-ti | 2016-02-17 08:16 | | Comments(0)